最新ニュース

「羽二重餅 利久餡」長芋と白玉粉で作った饅頭の中に合挽きを入れ黒胡麻の餡と合わせました「羽二重」とは、絹のようになめらかで、柔らかいという意味があり 柔らかくなめらかでふんわりとした和食の料理名につけます。「利久」とは、胡麻を使った和食料理に使い、千利休が料理でよく胡麻を用いた事からつくようになった様です。#福岡よひら#創作和食#和食会席#羽二重#利久#蓋物#長芋#白玉粉#愛宕神社#西区#早良区#和食の歴史#名前の由来#西区ランチ#早良区ランチ#西区ディナー#早良区ディナー#接待で使えるお店#家族で行けるお店#お祝い#法事#記念日 – from Instagram